資格取得へのサポート

資格取得を目指す人へのサポート体制は各専門学校によって様々です。

大学の場合、資格取得は学生が自らスケジュールを立てて勉強する方法が一般的ですが、専門学校の中にはその資格取得を目指すためのカリキュラムを組んでしっかりと勉強をサポートしてくれるところもあります。また、模擬試験や個別指導などを行うところもあり、自分がどれくらい理解しているのか、苦手な分野はどこかなどを把握することも可能です。

再就職やキャリアアップのため、資格取得を目指すために社会人になってから入学する人もいます。日中仕事で通えない人のために夜間や土日のスクールを開くところや、空いた時間で学習できるWEB学習を行うところなど、個人のライフスタイルに合わせて勉強しやすい体制を整えている学校もあるので、入学を検討する際にはそれらも比較してみると良いでしょう。

また、美容学校などでは通信課程のある専門学校もあります。美容師免許も国家資格ですが、通学・通信課程共に厚生労働省が指定した美容師養成施設を卒業しないと受験資格が与えられません。通信課程の場合は卒業まで3年間かかりますが、仕事をしながら美容師を目指したいという人には、通信制という選択肢もあります。

取得できる資格の種類

一口に資格と言っても、趣味や教養として楽しみながら取るものから、仕事のキャリアアップに必要なもの、その職業に就くために最低限必要なものなど、様々です。

資格は大きく分けると、国家資格、公的資格、民間資格の3つに分類されます。この中にある資格も、難易度や合格率は各資格によって異なりますが、一般に難関とされる資格が圧倒的に多いのは国家資格です。看護士や救急救命士など医療に関わる資格や、理学療法士や作業療法士などのリハビリテーションで活躍する資格の他、司法試験などの難関と言われる資格も国家資格にあたります。

大学では専門の学科の他に幅広く一般的な授業も履修するため、資格取得のために割ける時間が限られてきますが、目指す職業がある場合は、最初から資格取得とその後の就職までを視野に入れた専門学校で学んだ方が、その職業に就く近道となります。

調理師、栄養士、保育士、公務員などは、専門学校のカリキュラムの中に国家資格で必要な単位が含まれており、専門学校を卒業するだけで資格を取得することも可能です。

公的資格や民間資格であっても、就職に有利になるものは多くあるため、専門学校を探す際には自分の就きたい職業に必要な資格が取れるのか、またどのようなサポートがあるのかチェックすると良いでしょう。

参考-大原学園

専門学校を選ぶ理由

「将来のために資格を持っておきたい」「キャリアアップのために資格を取る必要がある」など、年々資格に対してのニーズが高まり、様々な資格を取得することを趣味とする人が現れたり、資格ブームと呼ばれる現象まで起こるようになりました。

資格を得る事で将来の就職に役立ったり、昇進や転職の際にそれらが評価することもあります。もし、本当にその資格が何としてでも取りたい、将来的に必ず必要になるという専門的な資格であれば、資格取得のために専門学校へ通うことをお勧めします。

特に、医療や建築・土木などの専門的な知識が必要な資格や、司法試験などの難関試験に関しては、独学で勉強するよりも専門学校で基礎から応用までしっかりと勉強できる環境のほうが効率的に勉強できます。また、わからない点があった時には講師に質問をすることもできるため、自分で調べたり悩んだりする無駄な時間の消費を減らすことが可能です。

しかし、ただ何となく資格が欲しい、周りの人が持っているから、といった理由では勉強するモチベーションも続かず、頓挫してしまう可能性が高くなってしまいます。専門学校へ通うにもお金がかかりますし、勉強の時間も必要になるため、そのような場合には今一度、本当にその資格が自分に必要なのか、その資格を持つことで将来の自分がどう変わるのかをイメージしてみましょう。具体的にイメージすることで、本当に必要な資格であればぐっとやる気が起きるはずです。当サイトでは、資格取得を目指す人が選ぶ専門学校について紹介します。