取得できる資格の種類

一口に資格と言っても、趣味や教養として楽しみながら取るものから、仕事のキャリアアップに必要なもの、その職業に就くために最低限必要なものなど、様々です。

資格は大きく分けると、国家資格、公的資格、民間資格の3つに分類されます。この中にある資格も、難易度や合格率は各資格によって異なりますが、一般に難関とされる資格が圧倒的に多いのは国家資格です。看護士や救急救命士など医療に関わる資格や、理学療法士や作業療法士などのリハビリテーションで活躍する資格の他、司法試験などの難関と言われる資格も国家資格にあたります。

大学では専門の学科の他に幅広く一般的な授業も履修するため、資格取得のために割ける時間が限られてきますが、目指す職業がある場合は、最初から資格取得とその後の就職までを視野に入れた専門学校で学んだ方が、その職業に就く近道となります。

調理師、栄養士、保育士、公務員などは、専門学校のカリキュラムの中に国家資格で必要な単位が含まれており、専門学校を卒業するだけで資格を取得することも可能です。

公的資格や民間資格であっても、就職に有利になるものは多くあるため、専門学校を探す際には自分の就きたい職業に必要な資格が取れるのか、またどのようなサポートがあるのかチェックすると良いでしょう。

参考-大原学園